ローン 返済 減らす

ローン返済を減らす方法@すぐに対応・今すぐ相談

 

カードローンで毎月の返済がキツイ。減額したい。

 

カードローン 返済不能

 

弁護士に相談したいけど、そんなお金もない・・・と諦めていませんか?

 

カードローンの借金、減額できるかもしれません。
借金の減額方法にはいくつか種類があり、@任意整理 A個人再生 B自己破産などが有名です。

 

@任意整理;借金の金利分を減額してくれます。
A個人再生;住宅ローン以外の借金を減額してくれます。家を残すことができます。
B自己破産;借金がすべて無くなります。家、車、一部を残したお金などが差し押さえになります。

 

しかし、残念ながらどの方法でも選べるというわけではありません。
借金ができた経緯や今の収入の状況によって、適用できる解決方法が違ってきます。

 

ではなぜ、金融業者は借金を減額してくれるのでしょうか?
それは、金融業者もできるだけ自己破産になるのを避けたいからです。

 

自己破産は1円も返済されなくなるので、たとえ減額されても借金の返済が続く任意整理や個人再生のほうがお得なのです。

 

だから借金は減らすことができるのです。

 

自分がどの方法で借金を減額できるのか知りたいなら、借金解決シミュレーションがオススメです。

 

ローン返済 弁護士

 

匿名OK、住所不要で、好きな時間に申し込むことが出来ます。
弁護士に無料で相談することができますよ。

 

以前は弁護士に相談するのにも30分5000円ほどかかっていました。
これではじっくり話を聞いてもらうことも出来ませんね。

 

今は弁護士の数も増えたので、無料相談をしてくれる法律事務所もふえました。

 

まずは、あなたの現状や借金の解決方法、そのほか気がかりなことを何でも無料でそうだんしてみませんか?

 

カードローン 返済できない

 

借金 払えない

 

お急ぎの方は サルート法律に

【無料相談】

0120-315-641

 

 

サルート法律事務所
24時間・全国対応・初期費用0円、あらゆる分野に対応できる弁護士法人です。

家族に内緒で借金を解決
あなたに有利な条件で粘り強く交渉してくれます。

 

【無料相談】0120-315-641

 

 

 

任意整理ってなんですか?

 

任意整理とは、お金を貸してくれた業者との話し合いにより金利分を減額してもらい、残りの借金の元金を3〜5年くらいで返済するものです。

 

裁判所を通す場合と、通さない場合があります。

 

裁判所を通さない場合は任意整理、裁判所を通す場合は特別調停と言います。

 

任意整理は借金が比較的少ない場合に、金融業者と直接話し合って金利分を減額してもらうものです。

 

特別調停は簡易裁判所に入ってもらって、一定の返済をすることで残りの借金を免除してもらう話し合いをするものです。

 

 

 

個人再生ってなんですか?

 

個人再生は裁判所に提出した再生計画案が認められた場合に、借金を5分の1ほどに減額できる制度です。
残りの借金を3〜5年かけて払います。

 

家を残したまま借金を減額することができます。

 

しかし、一定の収入が見込まれない人には適用できません。

 

その後約10年間は新たなローンが組めない、官報に名前が記載されるなどのデメリットもあります。

 

裁判所に提出住宅を手放さずに手続きをすることができます。
自己破産とは違い、一定の条件を満たせば、住宅を手放さずに手続きをすることができます。した再生計画が認可されると、原則として債務が5分の1に減額されます。減額された債務を、3〜5年で支払います。

 

 

 

自己破産って何ですか?

 

自己破産とは、裁判所で手続き後に借金の返済が不可能であると認められた場合、借金がすべて無くなるというものです。
ただし、税金の支払いだけは残ります。

 

借金をした経緯によっては、免責されないこともあります。

 

家や車、一部を除く貯金などは没収されます。

 

その後、約10年間は新たな借り入れが出来なくなります。

 

官報に名前が掲載されます。

 

免責決定になるまで、警備員や始業などの仕事には就業できません。

 

デメリットもありますが、人生をやり直すチャンスにもなります。