過払い金問題

過払い金問題とは

過払い金、一時期よく聞いた言葉ですがあれは一体何だったのでしょうか?

 

以前、頻繁に「過払い金の返還請求」についてのテレビコマーシャルを見かけましたね。
つまり払いすぎた金利を返して下さいというものです。

 

日本では貸金業者が利息の根拠として提示していたものが2種類存在していました。
出資法と利息制限法です。

 

この2つの法律では利息の上限が違っていて、出資法では年29.2%、利息制限法では15〜20%でした。
これが大問題の原因となりました。

 

出資法の29.2%と利息制限法の15〜20%では、金利に9.2〜14.2%の差があります。

 

例えば100万円を借りて1年間放置した場合、出資法の129.2万円の返済を求められるのに対し、利息制限法では最大で120万円と約9万円もの差があったわけですから相当なものです。

 

これの金利の差を「グレーゾーン」と呼び、利息制限法には違反するけれど出資法では違反していないというおかしな状況だったのです。

 

そして貸金業者の中でもサラ金業者は、より収益性の高い金利29・2%で貸付を行っていたわけです。

 

しかし平成18年にこの矛盾を解消し、グレーゾーンを撤廃することが最高裁で決められました。
そして過去に払いすぎた金利を債務者に返還するように言い渡されたのが、過払い金請求なのです。

 

これにより大手の貸金業者が倒産に追い込まれて大問題となりました。

 

しかし過払い金請求には時効があり、 最後に取引をした日から10年経過してしまうと過払い金返還請求が難しくなるのです。
だから一時期よりもコマーシャルが減ってしまったわけです。